プレゼントを渡そうとする男性

PICK UP

人気がある理由

オムツケーキはいくつかのオムツをラッピングしこれをデコレーションケーキに見立てたもののことをいい、出産祝いにプレゼントする人が多くいます。オムツケーキはアメリカで人気がでて、その後日本でも人気が出ました。

雛人形を飾ろう

3月3日はひな祭りです。出産を無事に終えて娘さんの初節句の準備をしようとしているお母様、お孫さんに雛人形をプレゼントしたい祖父母の方々は、雛人形を買わなくてはと悩んでいることでしょう。

レンタル方法

最近、雛人形をレンタルする人が増えてきています。レンタルの仕方は、インターネットでは、物を買うのとほぼ同じです。雛人形を選び、カートに入れるだけです。種類は大きいものから小さいものまであります。

意味合い

女の子の成長と厄除けの意味合いのある雛祭りには、昔からひな人形はかかせません。その種類は大きな段飾りからケース入りのひな人形まで、サイズもデザインも実にさまざまです。しかし昨今の住宅事情から、あまり大きなものよりは、さほど多きくないサイズの方が人気があるようです。そんなひな人形の価格としては、これもそのデザインやサイズによって、かなりの差があります。それでも平均的という意味では、約五万円から十万円前後といったところのようです。また実用品というわけではないけれど、子供の成長のお祝いのための大切なお人形です。それゆえにあまり価格にこだわってセール品やわけあり品などのひな人形は、一般的に避けた方が無難だと言われています。

桃の節句は女の子の成長を祈り、ひな人形には厄除けの意味合いが含まれています。そんな雛祭りにはハマグリのお吸い物にちらし寿司、雛あられや菱餅や白酒などの、独特の飲食物でお祝いをします。最近ではケーキなどのスイーツも出回っており、よりにぎやかになってきています。また段飾りやケース飾りが一般的ですが、地域によっては吊るし雛や流し雛などを行うところもあり、沢山のひな人形を並べて観光地化している場所もあります。また人形の種類もごく普通のものから陶器のもの、布製や動物を模したデザインなど、最近は種類がとても豊富です。そんな雛祭りの歴史はとても古くて、平安時代にはすでに存在していました。桃の節句は、昔から行われてきた習わしでありお祭りなのです。それを大切にする気持ちは、今も昔も変化はありません。